2010年02月11日

小鳥の病院 その2.病院にて

 小鳥の病院 その2.病院にて。
 (このページのモモピー画像と記事の内容は無関係です。)

P1000044.JPG

続きは、病院に着いてからのことだって。


↑文鳥さんラブリー。
 
無題.bmp


その2.病院にて

 2-1 初診の場合
 診察予約の30分前までに病院に来るように言われました。
    
 最初に、カルテ作成のための質問事項を記入しました。
 HPにも質問内容が掲載されています。

 『コンパニオンバードの看護ハンドブック』
    
ハンドブック.JPG

 という冊子をもらい、病鳥の看護方法や餌の事などなど、
 看護師さん?が読み聞かせをしてくれました。HPに掲載
 されている内容と重複している部分もたさんありました。

 特に、病鳥の看護方法は予め目を通して、必要なものを
 そろえておくと、いざという時安心だと思います。
 HPにも掲載されています。

 保温電球などは、元気なときにその存在に慣らせておく
 といいかもしれません。

 モモピーが具合悪い時に、慌てて買ってきて、ケージの
 側に置いてみましたが、怖がって暴れたため、役立たず
 でした。今考えれば、ケージに薄いガーゼのようなもの
 をかけて目隠ししてあげればよかったのか・・・。と思
 います。

   
 2-2 診察について

 はじめに、来院理由を聞かれ、今回モモピーの具合が悪く
 なった経緯と健康診断をしたい旨を説明しました。

 先生はモモピーを診察して、具合の悪くなった原因は
 おそらく卵詰まりでしょうと言われました。

 (卵づまりの詳細はその4.卵づまりについて

 病鳥さんの看護方法や餌の与え方など、先に看護師さん?
 からお聞きした内容を、再度具体的に教えて下さいました。    

 正直、頭パンッパンッでしたが・・・。
 (先生にお聞きしようと思い、確認したいことを紙に書い
 ていったのに、先生の質問と説明についていくのに必死で
 紙の存在をすっかり忘れてしまっていました。)

  
 簡単な診察と説明のあと、健康診断をどこまでやるか聞か
 れました。
 (この健康診断で、まさかのコクシジウム発覚・・・。
  コクシジウムの詳細は、その5.コクシジウム対策


 その3.健康診断についてに続きます。


≪小鳥の病院関連記事一覧≫

  その1.事前準備
  その2.病院にて
  その3.健康診断について
  その4.卵詰まりについて
  その5.コクシジウム対策
  
posted by モモピー at 00:04| おまけ(小鳥の病院) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。